沖縄には、たくさんの都市伝説がありますが、その中の一つとして、きじむなーの存在です。

きじむなーとは沖縄に存在する妖怪。

ガジュマルやイタジイの木を住処としていて、背が低く、赤い髪をした子供です。

好きなものは魚の目玉。

嫌いなものはたこと人間のおならだそうです。

ひとなつっこく、神通力もらうとのこと。

きじむなーは、みんなに見えるわけではなく、特定の人にしか見えないと言われているようです。

子供には良く見えるという説も。

一度仲良くなると、毎晩一緒に魚取りをして、やめようとすると、凄く怒るのだとか。

でも、親しくなると、家が裕福になり、追い払うと貧乏になるらしいから、追い払うこともなかなかできないようですね。

きじむなーの住処である木を切ったり焼いたりすると、報復を受けるのでご用心。

木にいたずらをされても、どこまでも追いかけてきて、仇をとろうとするので、沖縄の人たちはガジュマルなどの木を大切にしているのかもしれませんね。

子どもの姿で、妖精などと慕われることの多いきじむなーですが、人を殺したり、溺死させることもあったり、眠っている人を襲って動けなくしたり、人が買っている牛や馬を殺すこともあるんだとか。

元々山の神が原型になっているようなので、力も大きく、怖い修正もあるので、怒らせないように気を付けるべき存在のようです。